プロジェクトブログ

2017.04.20

祭ばやしが聞こえる

 
こんにちは。スタートトゥデイ工務店採用担当の梶田です。気がつけば4月も後半、桜も散ってきましたね。
4月7日から始まった採用キャンペーンですが、早速ご応募いただき、面接が始まっています!その中で、みなさまからプロジェクトに関するご質問も多いので、このブログでもプロジェクトの進捗を逐一、ご報告したいと思います。
という事で今回は、プロジェクトのチームリーダーの1人、高橋さん(通称:ハッシー)にお話を伺いました!

フロントエンド部 検索チームリーダー
高橋智也(通称:ハッシー)
SIer、インターネット広告代理店を経て、2011年にスタートトゥデイへ。ZOZOTOWN、WEARの両サービスの開発・運用に携わる。この春、マンションを購入し、家族とゆっくり過ごす休日が一番幸せな35歳。座右の銘は「驚きは、知ることの始まりである」。趣味がない事が今の悩み。

 
梶田:ハッシーさん、プロジェクトの進捗はいかがですか?

 
ハッシー:現在は、ZOZOTOWNシステムの可視化ということで、全機能を網羅的に整理しています。ZOZOTOWNの機能は何百とあるのですが、各機能が参照・更新するDB、機能改修の頻度など、様々な情報を漏れなく洗い出しているので、なかなか厳しい作業ですが、マイクロサービス化に向けての機能切り出しや、開発スケジュールを組み立てていくために、非常に重要な部分なのでしっかりやっています!
これから設計や技術検証、開発といったフェーズに入っていきますが、ZOZOTOWNを作り直すだけではなく、この機会に品質管理や、プロジェクト管理を行っているチームとも協力して、会社としての開発手法・プロセスも整備・統一していこうと考えています。

 
梶田:さわやかに大変そうな事いいますね。。。
マイクロサービス化すると何か、いいことあるんですか?

 
ハッシー:プロジェクト紹介の動画でもお伝えしましたが、これまではモノリシックな構成で動いていたため、修正や改善の度に、慎重な影響範囲の調査が必要となり、そこに工数がすごく割かれていました。

 
梶田:モ、モノリ..シック?

 
ハッシー:はい。各機能ごとの仕組みが密接に絡み合っていて、一箇所いじると様々な箇所に影響が出てしまう作りの事です。密結合って言い方もしますね。

 
梶田:ふむふむ。

 
ハッシー:今後ZOZOTOWNでの商品取扱高5,000億円(現在の約2.5倍の規模)という目標を見据えた際に、開発スピードを向上させ、成長に応じて拡張しやすいシステム構成にする必要があり、今回、マイクロサービス化へ進化させよう!と、リプレイスプロジェクトが始動しました。
マイクロサービス化が進めば、それぞれが他のチームを気にせずパラレルに開発することができるので、開発スピードの向上はもちろん、各チームがより独立した存在になって、現状よりも技術の取捨選択が容易になり、エンジニアとしてのやりがいも今よりもっと大きくなると思っています。
さらにテスト自動化、CI/CDといった開発手法や、プロセスをきちんと整備することで、商品取扱高5,000億に耐えうるシステムを実現できると考えています。

 
梶田:なるほど!このプロジェクトでユーザーから見えない根っこの部分を作り直しちゃえば、今後ZOZOTOWNをより良いものへ変えるスピードが早くなるってことですね!なによりエンジニアの開発時間が減らせるというのもいいですね!プロジェクトにおいて難しい点や課題はなんですか?

 
ハッシー:マイクロサービスにおけるサービス分割単位は非常に難しいですね。
分割単位が大きすぎても、小さすぎても、開発スピードの向上は得られませんし、データストアや、各機能の改修頻度、組織構成など色々なことを意識した中で、マイクロサービス化しなければならないので難しいです。

 
梶田:えー!バランス間違えるとスピードが向上しないんですね!それじゃやる意味なくなっちゃいます笑!しっかりお願いします!
最後に、これからご入社される方に期待していることはありますか?

 
ハッシー:社歴や立場とか関係なく、意見を大事にする社風がありますので、みなさんの経験を活かし、たくさんのご意見をいただきたいです。
自分の意見が採用されるのは単純に嬉しいと思いますし、この規模のリプレイスに技術検証段階から参加できる経験は、なかなかないことだと思います。
自分自身もエンジニアとして、レベルアップするチャンスだと感じています。チャレンジが好きな方や、物事を改善し、それに喜びを感じられる方は楽しめる環境だと思いますので、ぜひ一緒にやりましょう!
ここでぼくからも一句。
 
咲いて散るのはごめんだが
やってみせますリプレイス

これから始まるこの「祭」
見せてやります心意気

より良いサービスつくるため
マイクロサービス咲かせます

キャリアもスキルもつく環境
鋭意仲間を募集中!

 
梶田:ハッシーさんありがとうございました!